自動車のチューニング > 86 > FT-86 LED
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

FT-86 LED

スポンサードリンク

FT-86のLED化を検討している人もいるかもしれません。

メーカー純正のディスチャージライトの色温度は、たいてい白くないためです。

FT-86LED

これはFT-86だけではなく、多くの車種で言えることです。

そのため、インテリアとエクステリアのLED化というのは、改造におけるひとつの大きなコンセプトになってくいるわけです。 

ディスチャージ式ヘッドライトであっても、LEDの真っ白な光を求めていたのなら、不満は当然、くすぶってきます。

そこで考えられるのが、5000〜6000ケルビンのサードパーティー製ディスチャージ・バーナーへの交換。 

しかし、これで問題解決と行かないところが難しい点です。

つまり、色がパーツによって、異なってしまうのです。

同じライトユニットの中には、複数のライトがあります。

ディスチャージージのロービームは良くても、ハイビームやクリアランスランプ、ターンシグナルバルブの色が違ってきてしまいます。

FT-86の統一性を重視するなら、これは見過ごせない問題です。 

解決策として、ヘッドライト・ユニットの中のライトをすべてLED化するという方法があります。

これで、ユニット内の光源を、6000ケルビン程度の光で統一できます。 

しかし、フロントの光が統一されても、テールライトの問題は残ります。

LEDランプとタングステン・バルブとでは、光の色が微妙に違います。

これが気になってきます。

これを解決したいのなら、リアランプ・ユニットのバルブを統一する作業が避けられません。

スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking