自動車のチューニング > チューニング > チューニング 駆動系編
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

チューニング 駆動系編

スポンサードリンク

自動車が走るためにはタイヤ・サスペンション・エンジン・それからもちろん車体など、さまざまなものが必要です。その中でもエンジンは特に重要です。何より車が前に進むための原動力を生み出す部分ですから。しかしそのエンジンもタイヤに伝えられなくては意味がありません。エンジンとタイヤの仲介をしてくれるのが駆動系です。

駆動系は一般的にはクラッチ、トランスミッション、場合によってはプロペラシャフト、デフギア、ドライブギアを指します。一般車輌のチューニングでは主にクラッチとトランスミッションに対する改造・パーツの載せ換えなどが行われます。トランスミッションはギアの組み合わせを変えることでエンジンの回転数を大きく変えることなくタイヤの回転数を変えるための装置で、変速装置とも呼ばれます。クラッチはトランスミッションのギアの組み合わせを変えている間、一時的にエンジンとタイヤの間のつながりを切ってくれる装置です。

トランスミッションのチューニングは、一般的にはエンジンのチューニングよって変わった出力に対応して行われます。ECUを載せ変えただけでもトルクバンドは微妙に変わりますので、エンジン出力を効率よく生かすために、それに適したギアの組み合わせが必要になるからです。クラッチのチューニングは大きくなったエンジンの出力に耐えられるように、強度と反応速度の高いものに変えるのが一般的です。

ともすればエンジンのみに気を取られがちなチューニングですが、それを伝える駆動系のチューニングも大切です。

スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking