自動車のチューニング > チューニング > チューニング ブレーキ編
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

チューニング ブレーキ編

スポンサードリンク

自動車で一番大事なことはなんでしょうか?それは「止まる」ことです。自動車の三大要素の中でも「曲がる」、「走る」よりも重要でしょう。走り出してもきちんと止まれなかったらそれは自動車として失格です。

チューニングにおいてもブレーキチューンは非常に重要です。自分と周りの人の命を守るという意味においてもそうですが、速さを求める上でも重要です。馬力がアップすると当然スピードも上がります。ブレーキを強化していないと制動距離が伸び、コーナーの突っ込みでライバルに遅れをとることになります。自動車の敏捷性を上げるためには足周りとともに、車重やスピードに見合ったブレーキが必要なのです。

ところでブレーキを踏めば自動車のスピードは落ちます。当たり前のことを言っているようですが、実際なぜスピードが落ちるのでしょうか。

自動車のブレーキはブレーキパッドとブレーキローターの摩擦力によって、運動エネルギーを熱エネルギーに変換して、運動エネルギーを削いでいます。発生した熱は外部に放出されますが、うまく熱が放出されないとブレーキが熱ダレを起こしてブレーキパッドやブレーキローターの変形、ベーパーロックなどの原因となります。ブレーキチューニングではローターを大きく、放熱特性に優れたものに交換することで行われます。これによりブレーキの制動力と耐久性が上がるわけです。

安全性を預かる部分ですから、ブレーキのチューニングも整備士のアドバイスを良く聞いて決めると良いでしょう。

スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking