自動車のチューニング > チューニング > チューニング 空力編
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

チューニング 空力編

スポンサードリンク

自動車は地面を走るものです。そのためエンジンの馬力やタイヤの性能、足回りや車体の強度などが違う車は、挙動がまったく異なります。しかし自動車は空気のあるところでないと走れません。空気のあるところを移動するわけですから、当然空気抵抗が生まれます。時速60キロぐらいではどんな形状でも挙動に影響することは余りありませんが、時速200キロともなるとかなりの影響が出てきます。このため自動車のチューニングを考える上で飛行機と同じように空力を考える必要が出てきます。

「空気抵抗」と聞くとスピードが悪いものと聞こえますが、うまく空気の流れを整えてやることで下向きに車を押し付ける力に変えてくれます。これが「ダウンフォース」と呼ばれるものです。自動車のチューニングパーツとしては、フロントスポイラーやリアウイングがダウンフォースの発生と整流効果を実現してくれます。

ウイングやスポイラーも大きければ言いというものではなく、新たな抵抗を作り出しにくい物を選ぶことが重要です。現在の最高速が何キロぐらいなのかが、ウイング選びの参考になるでしょう。

自動車の空気力学では、車体下面を流れる空気の流れも重要です。一部の高級スポーツカーでは車体下面にパネルを貼り、完全に平面にしている車種もあります。これは車体下面の空気を整流する効果があります。さらにベンチュリー効果を狙って、テールランプ下の辺りを大きくえぐっているものもあります。エンツォ・フェラーリなどはこの典型でしょう。

市販車でもチューニングすると300キロを超えることがあります。市販者のチューニングにおいても空力は非常に重要といえるでしょう。

スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking