自動車のチューニング > チューニングパーツ > CPUチューン(ECU)
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

CPUチューン(ECU)

スポンサードリンク

自動車のチューニングの中で、お手軽に安く行えるチューニングがECU(CPUチューン)です。ECUはエンジンの制御、主に燃調や混合比・圧縮比といった各種の空気調整などの制御を行うもので、吊るしのROM(設定があらかじめ入っている)であれば、ポン付けでパワーやトルクを上げることが可能です。このお手軽ECUチューンですが、将来的に排気系チューンや吸気系チューンを行う予定がある場合は、一番最後に行うのが最もコストパフォーマンスに優れているようです。

というのは、マフラー交換やエアクリ交換によって変化した吸気効率、排気効率はECUの設定と異なった状態になります。吊るしのROMであればある程度の広い範囲(ライトチューン)に対応するべくマージンを取ってありますが、現車合わせなどのきめ細かなセッティングを行うECUチューンを行っている場合、最も効率の良い状態にするには、その時点での仕様、状態、コンディションでECU現車合わせする必要があります。

ターボのタービン1つをとってみても、空気の流量などの変化によってECUを調整設定する必要があります。ECUチューニングで最も良い効率を得るには現車合わせが必須ですが、各部のパーツを交換する予定がある場合は、パーツ交換の都度ECU現車合わせをするのもコストがかかるので、できれば全てのパーツを装着した状態でECU現車合わせ(チューン)をするようにしましょう。ECU現車合わせ(チューン)の相場は、ECU本体が50000円〜、現車合わせセッティングが100000円〜ぐらいの価格になっています。

※タービン交換に限らず、フロントパイプ、インタークーラーパイプ、触媒、フロントパイプなどの交換やチューンを行うだけでも燃調は変化します。従ってこれらのパーツの交換後にECU現車合わせする事が大切です。(ブーストコントローラーなどは特にECUに依存するので同時交換が理想です)

足回り・ボディ補強パーツ、タワーバー、タイヤ・ホイールなどは直接エンジンの特性に影響を与えるものではないのでECUチューンによる影響はありません)

スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking