自動車のチューニング > 自動車紹介 > ランサーエボリューション]
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

ランサーエボリューション]

スポンサードリンク

ランサーエボリューション]は、三菱の自動車の技術が注ぎ込まれた、ランサーエボリューションの10代目に当たるモデルです。ランサーエボリューションは、1,2,3,4,5,6,7,8,8MR,9,9MRと毎年のようにモデルチェンジが行われWRCを通じてライバル関係にあるスバルのインプレッサと性能面で競い合っています。

ランサーエボリューションを大きく分けると、TとUとVが第一世代(初代)となりAYCなどの電子デバイスの搭載が行われたW、X、Yが2代目で、Z、[、[MR、\、\MRが第三世代となります。1世代目から受け継がれてきた4G63エンジンはランサーエボリューション\まで搭載され、]では、新たにアルミブロックを用いた4B11エンジンが搭載されるようになりました。そしてランサーエボリューションの最大の特徴である電子制御、(AYCやACD、スポーツABSなど)は、]でさらに高性能なS-AWCが搭載されています。S-AWCは、四輪のコントロールを旋回Gや、ハンドル切れ角、ブレーキ、加速など様々な状況変化に王応じトルク配分パワー配分などを行います。走るための電子デバイスと呼ばれるその性能は、他の車には存在しない独自のラインを作り出し、安全かつ安定したコーナーリングを実現します。ランサーエボリューション]は、車体・エンジン・デバイスのすべての面で走りに特化したスポーツセダンといえます。

また、ランサーエボリューション]から新たにSSTと呼ばれるスポーツシフト(AT限定免許でも運転可能)が採用されました。これは、ステアリングに装備されたシフトチェンジボタンによってシフトのチェンジが可能となっているもので、レーシングカーに近い機敏なシフトチェンジが可能になっています。ランサーエボリューション]のSSTには、モードが存在し、「ノーマル」「スポーツ」「ピュアスポーツ」の3モードがあります。「ピュアスポーツ」がもっとも速くピュアスポーツに近いモードとなりますが、公道では「ノーマル」や「スポーツ」の方が運転しややすいようです。

ランサーエボリューション10
スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking