自動車のチューニング > チューニングパーツ > スプーン(SPOON)
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

スプーン(SPOON)

スポンサードリンク

スプーン(SPOON)は、コンプリートエンジンや駆動系・サスペンション・クラッチ・ブレーキなど自動車のチューニングに関わる全般のパーツを、開発・販売を行っているチューンメーカーです。

1988年にホンダ車向けのレースチューニングショップとして東京都日野市にスプーンチューニングショップが誕生しました。ホンダのテクノロジーの集大成であるVTECエンジンのチューニングを手がけており、ユーザーの評価がシビアなカテゴリーある、コンピュータ(ECU)などの開発をスプーンは早くに行っていました。1990年には、その当時ホンダのフラッグシップであるNSXをレース車両にチューニングを行い以後のレースシーンで、数々の功績を残しました。その後、ホンダ車で最も人気の高いシビックをベースとしたスポーツカー「シビックタイプR(EK9)」をベースとして、1996年にはスプーン独自のコンプリートエンジンを販売開始し、ホンダ車のエンジンチューンの先駆け的存在となりました。(その後スプーン以外の各社からVTECエンジンをチューニングしコンプリートエンジンとして開発・販売するメーカーが多く誕生しました)

1995年には、スプーンでも有名なパーツ、4P異径アルミ対向キャリパーを販売開始しました。このキャリパーの存在でホンダのシビックの可能性を大きく広げることとなりました。その後2000年代に突入するとホンダ車が特に米国での人気が高まりそれに伴い世界的にホンダ車の需要が高まりました。その世界的なホンダ車の普及に伴いスプーンのチューニングメーカーとしての存在も同時に世界に広まることとなりました。

現在スプーンは、ホンダ車の中で唯一タイプRとしてのグレードが存在(※)する「シビックタイプR」ABA-FD2をベースとしてドライカーボン製ルーフ・大径スロットルなどのチューニング研究開発を行っています。スプーン(SPOON)は、ホンダ車ユーザーであれば必ずチェックしておきたいチューンメーカーといえます。ちなみに、ユーザーとのコミュニケーションの場であるオートサロンやオートメッセなどの多くの展示会・イベント・レースにもブースを構えるなどパーツなどの調査や開発者と接することができるユーザー想いのチューンメーカーであるといえます。

※ホンダのタイプRというグレードは、2007年現在「インテグラタイプR」「NSXタイプR」が生産終了となったことで「シビックタイプR」しか存在しません。

スプーン
SPOON WEB
スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking