自動車のチューニング > チューニングパーツ > 強化クラッチとは
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

強化クラッチとは

スポンサードリンク

クラッチとはエンジンの出力をトランスミッションに伝達し、駆動力とさせる駆動系パーツです。クラッチが制御できる伝達力は、0%(クラッチを完全に踏んでいる状態)〜x%(ハンクラと呼ばれるクラッチで伝達力の調整を行っている範囲)100%(クラッチから足を完全に離した状態)と、ドライバーの任意の伝達制御を行えます。

クラッチがあることで大排気量、ハイパワー車両などの出力の高いエンジンでも効率よく出力を伝達することが可能になっています。厳密にいえば純正クラッチは、万人向けのセッティングになっていて踏力も柔らかく、ハンクラの範囲(伝達力を調整できるクラッチ範囲)が多くとられています。俗に存在する強化クラッチと呼ばれるクラッチは、この伝達力の調整の面で大きく違います。強化クラッチは、クラッチプレート(エンジン出力がプレートに磨耗し伝達する部分)が強化されていたりクラッチディスク、クラッチカバーといった構成部品が強化されているクラッチシステムで、カーボンやメタル素材のものが存在します。

これらの強化クラッチは、半クラの範囲が少ない(シビアでクラッチ操作が難しい)ものの、伝達のロスが少なく、完全伝達(クラッチを完全につないだ状態)の速度が純正に比べて短時間で行えます。また、チューニングを行って出力が増大した車両(たとえば、500psや600psのスカイラインGT-R)などでの使用に耐えうるような、トリプルプレートやツインプレートなどの強化クラッチが存在します。

よく聞かれる話で純正の状態でまったくチューニングを行っていない場合、クラッチを強化クラッチにしても意味が無いかという話題がありますが、純正でチューニングをしていなくとも強化クラッチにするメリットはあります。それは、純正のクラッチでも、ノーマルエンジンの出力伝達の際に伝達ロスが多少なりとも発生していることです。例えば、車両がノーマルのままで強化クラッチを入れると、ハンクラの範囲が無くなりダイレクトにクラッチがつながります。これにより、エンジンの出力を駆動系に伝達するという処理自体が短縮され、結果的に加速(シフトチェンジの立ち上がりやスタートダッシュ)を早い段階で行えるようになります。

すなわちノーマル車両であっても、クラッチを強化するメリットは大いにあるといえます。後にチューニングを行ってステップアップしていく段階で強化クラッチ(理想はカーボンクラッチ)は、必須メニューなので早い段階で入れていても問題ありません。

また、クラッチに深い関係があるフライホイール(よくクラッチ一式のセットで市販されているパーツです)もクラッチを交換するのであれば、同時に交換しておきたいパーツです。というのもクラッチを交換する場合、ミッションをおろす(車両からミッションを取り外して分解する)必要があるからです。ミッションをおろす工賃はショップによって違いますが相場は40000円〜になります。もしクラッチを交換した後で、フライホイールを交換するとなるとこの工賃が2度かかることになります。これは少しもったいないので、クラッチを交換するのであればフライホイールも交換することをおすすめします。

クラッチのジャダー

MT車両の発信時に半クラ状態でジャダー(振動)が発生する場合があります。これは、クラッチが磨耗していたり(偏磨耗)圧着力が強すぎたりする場合に発生するもので、低速域や中速域で発生する場合が多く、クラッチディスクとの磨耗が原因で起きるものです。

新車の状態(新品のクラッチ)であれば、ジャダーはほとんど発生しませんが、使用条件にもよりますが、シビアコンディションなら30000kmでも発進時にクラッチからジャダーが発生することもあります。クラッチからジャダーが発生すると、改善する方法はクラッチディスクの交換か、ミュートポイントの変更を行うかが多いようです。クラッチディスクの交換は、クラッチの磨耗が進んでいることによる偏磨耗が原因で起こるジャダーの場合に有効で、ミュートポイントの変更で改善できるのは、クラッチのつながるペダル位置などの変更によるフィーリングの問題となります。

どちらにせよ、クラッチからジャダーが発生している場合はすぐに点検に出すことが適切です。ミッションを含めクラッチ関係は、症状が出始めたときに点検することが肝心で、放置して時間が経過してからでは補修部品も工賃も高くついてしまう可能性があります。

ちなみに、強化クラッチにしたときの半クラにおきるジャダーは、圧着力が強い場合に発生する正常なジャダーである可能性が高いです。強化クラッチの圧着力は純正に比べ高くなっているのでその分、エンジン出力を伝達させる際の半クラ操作がシビアになり、アクセルオンでクラッチがダイレクトに振動してしまうというパターンです。この場合は、正常なので問題ありません。

エクセディーの強化クラッチ
スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking