自動車のチューニング > オイル・油脂 > エンジンオイルとは
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

エンジンオイルとは

スポンサードリンク

エンジンオイルとは、自動車を所有する上で一番重要となるエンジンのメンテナンスオイルです。エンジンオイルは、人間に例えるならば血液(エンジンが心臓)のようなもので、定期的に綺麗なオイルを入れる必要があります。

エンジンオイルが汚れてしまう原因としては主に、エンジンパーツの磨耗によるカーボンやスラッジなどの混入があります。エンジンをかけるとガソリンが燃焼しピストンが動き始めるわけですが、ピストン・カム・バルブなどといったパーツはすべて金属です。これらの金属が摩擦しあう訳ですから、当然金属のカスというものが出てきます。これがエンジンオイルの汚れの原因になっています。

エンジンオイルの汚れを防止できれば一番良いのですが、自動車にエンジンをかけないようにするわけにもいけません。従って一番、エンジンにやさしく、良いコンディションを長く保つために「定期的なエンジンオイルの交換」が重要になってくる訳です。

法的にどれぐらいの期間でどれぐらいの距離を走ったら交換という規定はありませんが一般的に浸透しているのが、3000kmもしくは半年のどちらか早い方での交換といわれています。シビアコンディション(いわゆるスポーツドライビングや悪路・悪条件/サーキットでの走行など)の場合は更にこの条件より早めの交換が必要です。また、エンジンオイルの2回に1回はエンジンオイルフィルター(別称:オイルエレメント)の交換が理想的です。エンジンオイルフィルターは、金属片などのエンジンの中で循環しないようにフィルターの役目を果たすパーツです。こちらもフィルターが目詰まりしないように交換が必要になってきます。

エンジンオイルは、以上のようにとても重要なメンテナンスオイルですが、良いオイルであればなんでも良いというわけではありません。エンジンにもターボやNA、ロータリーエンジン、水平対向エンジン、排気量の違いなど様々な種類のエンジンが存在します。エンジンの種類にともない、エンジンオイルも様々な種類が存在するわけですが、一番肝心なのは「粘度」です。粘度はエンジンオイルがどれだけ「堅い」かをあらわすもので一般的に「0w-30」などといった表記がなされます。「0w」とは、0が粘度を表し数値が高いほど堅いエンジンオイルになります。そしてwがwinter略で冬を表しています。つまり、冬場の寒いコンディションの場合は、”0”の粘度があるということです。そして次に「-30」ですが、これはエンジンが熱した場合にどれだけエンジンオイルが堅くなるかという事を表現しています。すなわち「0w-30」とは、指導時に’0’の粘度で高温時には’30’まで堅くなるということを表しています。

少し難しいですが、堅いオイルは「10w-50」など粘度のオイルのことで柔らかいオイルとは、先に述べた「0w-30」などのオイルの事をいいます。通常、NAエンジンであれば、レスポンスを重視するため”柔らかいオイル”を、ターボエンジンであれば、”粘度の高い熱に強いオイル”を選択することが一般的です。しかし、NAといっても様々なエンジンがあり、排気量によっても様々なので、カー用品店やディーラーなどでエンジンオイルについて詳しく尋ねて決めるのが一番です。

スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking