自動車のチューニング > チューニングパーツ > LSDとは
メンテナンスDVD
車のDIYメンテナンスDVDショップ MKJP

LSDとは

スポンサードリンク

LSDとは、Limited Slip Defferential Gearが正式名称でいわゆる車軸の左右の回転差を外側や内側に差動制限を発生させる駆動系パーツです。すこしややこしいですが、まずLSDに深い関係をもつパーツとして、デファレンシャルギアと呼ばれるものがあります。

デファレンシャルギアを解説すると、まず自動車というのは直進時は左側のタイヤと右側のタイヤが等しく回転しています。しかし、コーナーリングや左折、右折といったカーブを走行する場合、コーナーの外側のタイヤは内側のタイヤに対して移動距離が長くなります。つまり内側よりも沢山回転しなければなりません。この回転差を吸収し外側のタイヤに積極的に差動力を働かせる機構がデファレンシャルギアです。

デファレンシャルギアが装備されていることによって、自動車が曲がる際にギクシャクせずにスムースに曲がることができます。ほとんどのスポーツカーには装着されていますね。しかし、デファレンシャルギアの差動制限によって内側のタイヤの回転が少ない状態で、遠心力により荷重が抜けてしまうとエンジンのパワーは抜けてしまった車輪に対して働く為、エンジンパワーをロスしてしまいます。

このデファレンシャルギアの欠点を補うものがLSDです。LSDは、荷重が抜けて空転してしまった内側の車輪に対して駆動力の配分の制御を行い、外側の車輪に対して積極的に駆動力を配分します。この左右独立した駆動力の制御によってコーナーリング時により自然にかつ、旋回性能の高い走行が可能になります。

スポーツカーにおいては必須のパーツといわれているように、非常に走行性能向上に貢献するパーツでLSDがある車両と無い車両では雲泥の差があります。ただ単純にコーナーリング速度が速いというだけではなく、コーナーリングに入るまでのスピード、そしてコーナーアウトする地点でのスピードなどが大幅に変わります。

サーキットで走るのであれば必須のパーツで、現在ほとんどのスポーツカーには純正で装着されています。ただし、純正で装着されているLSDは効きがマイルドで事故やスピンを起こしにくいようなセッティングになっている為、社外品やLSD専門メーカーからラインナップされているLSDとくらべるとやはり性能面で劣ります。

カーボンLSD

最近注目となっているチューニングが、カーボンLSDです。普通のLSDはメタル素材ですが、プレートがカーボンという次世代のLSDになっています。性能面に関してもメタルに比べ穏やかなロックで扱いやすく、よく言われる騒音や振動に関しても非常にマイルドで、純正のLSDと同等の騒音・振動レベルです。

性能面でもメタルに比べて非常に期待できるパーツですが、何よりその寿命が一番の差であるといえます。メタルの場合は、定期的なLSDオイルの交換はとても重要です。もちろんカーボンLSDもLSDオイルのメンテナンスは必要なのですが、メタルほど慎重にならなくても良いといわれています。そしてメタルLSDの場合は、車体から取外して分解・清掃などのオーバーホールも必須になってきます。カーボンLSDの場合は、多くのメーカーが使用に耐えうる距離として数万キロと目安を挙げています。

つまり、メタルに比べてオーバーホールのサイクルが非常に長いスパンであるということです。いいことずくめのカーボンLSDですが、現状はまだ開発中や研究段階であるといえ、タイムアタックなどのレースでは、ややメタルの方が装着率は高めになっています。しかし、今後はカーボンLSDの性能も上っていくことが予想されるので、期待の高いチューニングパーツといえます。有名どころでは駆動関係のチューニングメーカー「ATS」などがカーボンLSDをリリースされています。気になる方は一度、メーカーに問い合わせてみてください。

LSD
スポンサードリンク
ページビューランキング にほんブログ村 イラストブログ 乗り物イラストへ Cyber Garage Ranking